メカニズム

遺伝ニキビの場合

結論から言ってしまうと、ニキビは遺伝しません。
家族や親せきに大人ニキビの人が多いからと言って、自分のニキビが遺伝によるものだということは決してありません。
しかし、肌質は遺伝するため、肌質が弱いとニキビができやすいということも言えるのです。
また、肌の代謝力も遺伝するために、代謝効率の悪い人もいるということになります。

遺伝というのはそもそも先天的であるため、それが治療によって完治することはありません。
例えば色覚異常を取ってみても、母方に異常者がいるとその子供に異常者が表れることがあります。
そして、色覚異常者は治療によって完治することはありません、という具合なのです。
しかし、肌質の場合は弱いと言っても完全に無力な人などいません。
規則正しい食生活と適度な運動、十分な睡眠等をすべて満たしているならば、先天的に肌が弱くともニキビは防ぐことが出来ます。

ただし、統計によると親にニキビが多いと子供も多い確率は高いという結果が出ています。
これは、食生活や運動習慣が原因なのではないでしょうか?
子供の食事は親が出すために、親の好みを受け継ぎやすいものです。また、親に運動習慣がないと子供の運動をしない場合も考えられます。
これらは先天的な遺伝ではないために、自主的な改善が必要となるわけです。

このページの先頭へ