メカニズム

ニキビ跡に関するメカニズム

ニキビが出来ていることに気づくと、どうしても潰したくなりますよね。
しかし、無理に潰すと跡になってしまいます。
これは、肌に刺激を与えることによって、その部分に色素が沈着してしまって黒くなってしまうのです。
また、ニキビのできやすい口の周りなどの肌は他の部分より弱いために、ケア不足だと跡が残りやすいと言われています。

同じ場所に繰り返し出来るニキビは、潰すたびに肌に刺激を与えることになるため、そのダメージは徐々に蓄積されてゆきます。
跡になってしまうと、それを消すには非常に長い時間がかかります。
これは、規則正しい生活によって改善する可能性もありますが、しない可能性もあるのです。

年齢を重ねると、肌の新陳代謝が悪くなるため、場合によっては一生消えないことさえ考えられます。
黒っぽい後の他に、赤っぽい跡が残る人もいます。これはニキビが重度の炎症を起こしているサインです。
肌の内部で化膿してしまい、そこがうっ血して赤く見えているのです。こうなってしまったら、病院に行って医師の診察を受けるほかありません。

初期状態のニキビが悪化する条件は、触りすぎることによる手の雑菌の浸入が原因のほとんどなのです。
跡を残したくなかったら自分で潰すのはもってのほかと言えるでしょう。

このページの先頭へ