メカニズム

洗顔剤で防止するニキビ

ニキビの原因は皮脂です、皮脂が毛穴に詰まることによってニキビが発生します。
ニキビを防止するタイプの洗顔剤は各社から販売されていますね。これらはどれも、皮脂を洗い落とすという効果は皆同じです、大切なのは洗い方なのです。
まず、洗顔剤を手に取りそれを顔に塗るわけですが、その前に十分泡立てるようにしましょう。
きめ細かい泡を作ることによって、皮脂をより落としやすくするのです。

そして、洗うときは直接肌に触れないようにすることも大切です。
泡を作ったら、それを顔の上に乗せるようにするのがポイントです。
力を込めてゴシゴシと洗ってしまうと、かえって毛穴を広げてしまいます。
肌に刺激を与えないように丁寧に洗うことを心がけましょう。

ただし、皮脂を落とし過ぎることにも問題があるのです。
皮脂は肌の表面を防護する作用があるため、それを落としてしまうということは、防護作用を無くして、乾燥肌の原因にもなってしまいます。
よって、洗顔は一日3回程、朝、昼、夜が最も良いようです。

最後に忘れてはいけないのが、洗顔剤によっては皮膚にかぶれや湿疹を起こす場合があります。
皮脂を除去する力が強いものは肌に対しても刺激が強い場合があるため、使用の際は注意が必要です。
異常が発生したら直ちに使用をやめて医師の診察を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ