メカニズム

ニキビの芯について

ニキビの芯は角栓とよばれ、皮脂の過剰分泌や、化粧の落とし残しなどが肌の内部に溜まったものを指します。
そして、状態には白ニキビと黒ニキビがあります。この二つは見つけ次第除去することが大切です。
「ニキビを潰して芯を出してはいけない」と言われるのは重度のものなので、これら初期状態のものであれば潰してしまったほうが良い場合があります。

すでにニキビが肌の表面付近にまで達している場合ならば、潰しても良いとされています。
ただし、潰した後の場所には雑菌が入りやすいため注意が必要です。
アルコールなどでキチンと消毒した後に、ガーゼを当てておけば問題ないでしょう。
また、潰す際には市販の器具を使うとよいでしょう。指や爪で無理に行うと、肌を傷つけてしまい、かえって悪影響を及ぼしてしまうためです。
肌の深いところにある場合は、無理に取ろうとしてはいけません。それが色素沈着して跡になってしまう場合もあります

そして、黒ニキビが炎症を起こして赤くなっている状態を赤ニキビと言いますが、これに関しては自分で触ってはいけません。改善策は医師の診察を受けるほかにありません。
しかしながら、私たち素人には専門知識がないため、不安がある場合は初期状態でも医師の診察を受けることをお勧めします。
何よりも独りよがりの考えになることが最も危険だからです。

このページの先頭へ