メカニズム

ニキビの種類の詳細

ニキビにはいくつかの種類があります。まず、代表的なのが思春期ニキビと大人ニキビです。
思春期のものは成人する頃には完全に無くなっています、なぜならば、思春期以前の肌は毛穴が成熟していないため、毛穴が詰まりやすいために発生するからです。
よって、思春期を過ぎるころには無くなってしまうと言えるのです。
一方、厄介なのが大人ニキビです。
これはストレス、食生活、肌の汚れが原因となっておこるもので、治療法は人によってそれぞれ違います。
そして大人ニキビには白い状態、黒い状態、赤い状態の順に悪化していくのです。あなたのニキビの状態によって治療法を変えてみましょう。

まず、ニキビの初期状態と言えるのが白い状態です。
肌に白っぽく浮かび上がり、潰すことが出来る状態を指します。
この場合ならば、市販の洗顔料や塗り薬のよって換地させることが可能です、白い状態のうちに対策を取ることをお勧めします。

次に、黒い状態です。
溜まった皮脂が空気に触れることで酸化し、黒く変色したものを指します。
この状態になると、肌が黒ずんで見えるために見栄えが悪くなります。また、器具を使って圧出することも可能ですが、心配であれば医師の診察を受けましょう。

重症なのが赤い状態です。
黒い状態のものが炎症を起こし赤く変色している状態を指します。
赤い状態のニキビ跡を消すことは非常に難しい上に、これが原因で肌がデコボコになると、一生消えない可能性も出てきます。すぐに病院で治療を受けましょう。

このページの先頭へ